人生に もっと何かをと 期待する

DSC01570.jpg


DSC01574.jpg

今夜は満月でしょうか
海面に揺れる月光にちょっとだけ涼しさを感じました


夕食はこのところ 素麺ばかりです
オットが秘密の農園?から採ってきた
ミョウガの付け合わせで今夜は冷やしうどんでした
すると8時半過ぎにいきなり爆音が!?
なんと今年初の海上花火が始まりました!!

DSC03964.jpg


DSC03994.jpg
これから、8月末まで、毎日のように
花火の打ち上げがあります

コボとカトルは、花火の音には慣れているので
全然平気!
ちび太は初めての花火 ちょっとビビッていました

閑話休題
誰しもその人生に大満足している人はほぼいないと思うのです
もし人生がやり直せるものならとか
なにか新たなチャンスが自分に訪れてとか
現実の生活は必ずしも満足していなくて
ある意味では妥協せざるを得ません
でもどこかに自分の別の人生があったのではと思うのです。
日常ではその代償としてTVドラマや映画の限られた時間
ヒロインやヒーローになって現実を忘れます
生まれた環境と受け継いだ遺伝子で人の資質、性格はほぼ決まってしまいます。

貧しい国で飲む水にも不自由してる人がいます
暑さ厳しい砂漠の中で放牧を続ける人がいまそ
物資豊かな都会の片隅でホームレスの生活をしている人がいます
自らのあるもので生活を続けていくこと
あるがままに欲しがらずに生きていくこと
それが人生というもの
というのがオットの持論です。

夜空に打ちあがる花火の様々な色合いを見て
そんなことも考えました。

庭のカボチャ、ますます元気です!
DSC01577.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント